巷で人気のトートバッグとプリザーブドフラワー情報が満載!

TOP > Tシャツ > Tシャツ作成 > ポロシャツとTシャツ作成どちらにすべきか

目次

ポロシャツとTシャツ作成どちらにすべきか

学園祭などの行事において、Tシャツ作成をおこなうケースも数多くあるでしょう。そのようなケースにおいてポロシャツ作成すべきかTシャツ作成をすべきか迷うケースもあるでしょう。ポロシャツの場合には襟がついているので、きちんとしている印象があり、多くのクラスがTシャツで作成することから、かぶりにくい点があげられるでしょう。

一方でTシャツの場合には価格がリーズナブルなことや、デザイン性のあるものを作りやすいことがあげられるでしょう。どちらにしてもクラスで話し合って、雰囲気にあったものを制作するといいでしょう。

ドライの生地でTシャツ作成する

オリジナルTシャツを作成するとなると、デザイン性ばかり気をとられてしまうという人が多いでしょう。しかしながら、シンプルなTシャツだからこそ生地感や形などにこだわる必要があるでしょう。オリジナルTシャツ作成にあたって、ポイントとしては使用用途を考えることでしょう。

例えば、ズポーツなどの汗をかくような場面であった場合には、ドライの生地を採用するだけで速乾性がある機能付きのTシャツを作成することができるでしょう。バリエーションとしても、様々なものがありますので、使用用途と合わせて検討してもいいでしょう。

インクジェットのTシャツ作成について

オリジナルTシャツ作成をするときに、どのプリント方法をチョイスするかで悩む人もいるでしょう。従来はスクリーン印刷が一般的でしたが、インクジェットの技法を取り入れている業者も最近では数多くあります。

インクジェットの方法の場合においては、小ロットであってもリーズナブルな価格で実現ができますので、ニーズとしては高い傾向にあります。しかしながら、シルクスクリーンに比べて色が限られていることや、色落ちや色が移ってしまうケースなどがあります。そのような弱点を知った上で、シルクスクリーンと比べて作成するといいでしょう。

オリジナルTシャツ関連

販売販促のためのオリジナルTシャツ作成

オリジナルTシャツ作成をするにあたって、さまざまな使用用途をあげることができますが、そのなかでも販促用として使用されるケースも多くあります。オリジナルTシャツについては、コストをリーズナブルに抑えることができながら、デザイン高いものでもありますので、お店のユニフォームとしてはもちろんのこと、商品の販促物として利用されるケースも数多くあります。

この方法については、大企業や有名なアーティストなども利用していて、昔からの販促活動になります。最近ではSNSとオリジナルのTシャツを連携させて販促活動をおこなっているケースもあります。

漁師のTシャツ作成をおこなう

オリジナルTシャツの活用方法については、多くの人が知っていることと思いますが、最近では漁師さんなどもオリジナルTシャツを着用されています。地方においては食材が豊富であることがあげられ、そのような環境において漁師さんは必要不可欠な大切な存在であることでしょう。

そのような漁師さんに対してもオリジナルのTシャツ作成をおこない、地域を活性化していこうという取り組みがあります。オリジナルのTシャツがもたらす効果は非常に大きく、地域の活性化や地域愛などを持っていくうえで、欠かせないアイテムだと言えるでしょう。

150円でオリジナルTシャツを作ろう!

ダイソーさんで買える材料だけで自分でTシャツにプリントしてみよう♪(*´ω`)ダイソーの簡単キットでオリジナルTシャツ作成の方法を紹介。

時間:9:49

オリジナル Tシャツのやり方を教えちゃうう(^^)

家でのオリジナルTシャツの作り方の紹介。

時間:8:40

簡単にオリジナルTシャツが作れる4つの方法

オリジナルTシャツ作成に関する4本のDIY動画を紹介。

時間:6:00

おすすめ

メニュー

TOP トートバッグ プリザーブドフラワー 浴衣 Tシャツ作成 ポロシャツとTシャツ作成どちらにすべきか オリジナルTシャツ オリジナルTシャツの素敵なプリントとは

イベント、運動会でオリジナルTシャツ作成する前にチェック!急なオリジナルTシャツ作成のお問い合わせはこちらから

PAGE TOP

copyright©通販マニア~人気のトートバッグとプリザーブドフラワー情報~.All Rights Reserved.